HOME > 活動案内 > 定期総会 > 平成23年度総会


平成23年度長薬同窓会定期総会のご報告

003kaijo_1280.jpg平成23年度の定期総会は、学会のため訪日され、ちょうど里帰りで長崎に滞在されていた下村脩博士夫妻が予定を数日延ばして長薬同窓会の懇親会に出席してくださいました。懇親会に先立ち、地元長崎ぐびろ会の支部総会、長薬同窓会の定期総会が行われ、昭和43年卒業の井上志郎氏を議長に選出して本部役員より報告、説明がなされ、全ての議案は意義なく了承されました。

013yoshioka_1280.jpg 続いて、昭和56年卒の吉岡優子先生(ネオフィスト研究所)に「薬剤師を取り巻く環境変化とその対応」のタイトルで特別講演をしていただき、参加者は皆熱心に聞き入っていました。臨床薬剤師を志して修行された先生ご自身の経験を通して、当時の薬剤師業務の変遷をクリニカルファーマシ、ファーマシュティカルケア及び在宅医療といったパラダイムの変化とともに大変わかり易くかみくだいてお話しいただきました。このほか今後求められる薬剤師の働き、OTC薬の現状さらには欧米の薬局の様子などを貴重な写真資料とともに概説いただきました。多岐にわたるご講演に、会場も興味深く聞き入り、あっという間に講演が終了したという印象でした。お忙しい中、ご講演のためにわざわざ長崎に駆けつけていただいた吉岡先生にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

017shimomura_1280.jpg
018matsumoto2_1280.jpg そしていよいよ懇親会。口べたといって憚らない下村先生がいつもより長めにステージに立たれて楽しそうにご挨拶をされる姿が印象的でした。また、昭和24年卒の松本康裕先生による居合いも迫力満点で、会場は大きな拍手に包まれました。なかなか参加者数の伸びないことで苦労する地元長崎での定期総会ですが、今年は駆け込みの出席者も少なからずあり、100名を超える同窓生が参加して大盛会のうちに無事終了することができました。もう少し正確に言いますと、講演会、懇親会のどちらか一方でも出席された方は120名で、懇親会参加者は117名でした。お忙しい中、特別講演を快諾いただきました吉岡先生、予定を変更して懇親会に出席いただきました下村脩、明美ご夫妻、居合いをご披露いただきました松本康裕先生に感謝申し上げます。また、最後になりましたが、ご参加いただきました同窓生の皆様、どうもありがとうございました。
 会の模様は同窓会報第51号(kaihou51.pdf)もご覧ください。

 次期定期総会は来年6月に大分県別府市にて開催予定となっております。多数の同窓生の皆様のご参加をお待ちしております。

提出された議案は全て承認されました。


平成23年度長薬同窓会定期総会のご案内

○日時 平成23年6月4日(土)
     16:20~総会 18:00~懇親会

○会場 全日空ホテルグラバーヒル
    〒850-0931 長崎県長崎市南山手町1-18
    電話:095-818-6601

○スケジュール

 16:20 長薬同窓会総会
 議事
  第1号議案 平成22年度事業および決算報告
  第2号議案 平成23年度事業計画および予算案
  第3号議案 庶務報告
  第4号議案 次期定期総会開催地について
  第5号議案 その他

 17:00特別講演
 演題:「薬剤師を取り巻く環境変化とその対応」
 演者:ネオフィスト研究所
   所長 吉岡優子 先生(昭和56年卒)

 18:00 懇親会