HOME > 活動案内 > その他の活動 > 平成26年度シンポジウム後援 -1-


第1回先導的薬剤師の未来像を考えるシンポジウムのご報告


 11月9日(土)に第一回先導的薬剤師の未来像を考えるシンポジウムが開催され、150名弱の参加者にお集まりいただきました。シンポジウムでは、昭和49年卒の二神先生に特別講演をしていただいたのちに、加藤恵介先生(昭和62年卒)、小山真治先生(平成6年卒)、山田三樹子先生(平成10年卒)、堀口道子先生(平成19年卒)にご講演をいただきました。
 また、薬学科の学生によるポスター発表も行われ、ポスター会場では活発な討論が行われていました。18演題のポスター発表の中から12名の審査員の厳正な審査により、医薬品情報学研究室の大山奈津子さん、治療薬剤学研究室の徳永彩子さんが優秀ポスター賞を受賞いたしました。
 情報交換会では講師の先生方と学生の交流も行われており、参加した学生は有意義な時間となったようです。今後も開催を計画しておりますのでご都合がよろしければぜひご参加ください!!

10659001_400910890057304_5426064377376135947_o.jpgシンポジウム
1799133_400910870057306_9031916125335959898_o.jpgシンポジウム
10382287_400910873390639_9178387990684117185_o.jpg研究発表会
10708634_400910910057302_8986791768419833473_o.jpg研究発表会
10750501_400910913390635_3050950786131333992_o.jpg研究発表会
10468685_400910846723975_4794017653822021025_o.jpg研究発表会

第1回先導的薬剤師の未来像を考えるシンポジウムのご案内

 長崎大学薬学部・地域薬剤師卒後教育研修センターは、11月8日(土)開催の第1回先導的薬剤師の未来像を考えるシンポジウム:活躍する長薬同窓生とこれからの薬剤師への期待を開催します。
 第1回目となる今回のシンポジウムでは、先導的薬剤師をキーワードに、現在国内外の大学や企業、病院等で活躍されておられます長薬同窓生の先生方に講演を行って頂きます。
シンポジウムと並行して薬学科学生のポスター発表会を開催する予定です。シンポジウム終了後には、同窓生には懐かしい?長崎大学生協で情報交換会を開催します。
学部生、大学院生、長薬同窓生、地域の薬剤師、教員、など多くの皆さまのご参加をお待ちしています!
 本シンポジウムは、長薬同窓会も後援しています。シンポジウム開催にあたり長薬同窓会副会長 七種 均先生(S56)より、ご挨拶をして頂きます。
若い学生の積極的に参加して頂き、自分の将来のことを考える機会になればと思っています。

Facebookページへ