HOME > 活動案内 > 慰霊碑清掃 > 平成18年慰霊碑清掃


平成18年度慰霊碑周辺の清掃のご報告

 平成18年8月6日(日)、長薬同窓会の年間行事の一つであるぐびろが丘下の薬専防空壕跡地の慰霊碑周辺の清掃をしてきました。今年で7回目となり、定着してきたこの清掃、伊豫屋新会長の下では初めてになります。同窓会役員とともに清掃に参加してくれた現役学生の半数以上は清掃2回以上の経験者ですが、1年生を含め、初めて参加してくれた学生もいました。平成18年の定期総会で役員の顔ぶれも変わり、役員側にも初参加の先生方の顔がありました。原爆投下当時に学生であった田崎先輩(S22)にも昨年同様参加していただきました。田崎先輩は原爆以来欠かすことなく足を運んでおられます。猛暑の中ではありましたが、すでに一度清掃されていたようで、落ち葉を燃やしながら、慰霊碑廻りの清掃を行い、1時間ほどできれいにしました。清掃後は全員で慰霊碑にお焼香し、田崎先輩から当時の慰霊碑付近の状況をお話しいただきました。

 定期総会で新会長に就任した伊豫屋会長は、長崎支部ぐびろ会の会長を務められていたためか、グビロ会の名前の由来でもあるグビロヶ丘の話となり、一同グビロヶ丘へと登り、記念写真となりました。虞美人草(ぐびじんそう=ひなげし)は見当たりませんでしたが、一度は訪れていただきたい場所です。医学部のポンペ会館横に入口の看板がありますので、是非一度足をお運びください。

 その後は、場所を移して昼食のテーブルを囲み、同窓生と現役学生との親睦を深めながら、田崎先輩から当時の様子をお聞きしました。慰霊碑清掃の模様は写真をご覧下さい。

2006_00.jpg

 清掃参加者のお名前は以下の通りです(もし名前もれがありましたらお知らせください)。
伊豫屋偉夫(S41)、田崎和之(S22)、西脇金一郎(S33)、富永義則(S44)、中村博(S51)、中島幹郎(S57)、山中みちよ(S43)木下敏夫(S35)、高良真也(S57)、伊藤潔(S59)、岸川直哉(H10)、和田光弘(H4)、坂田真人(H15)、武次郁子、堀田タミ子、張炯炯(事務局)、小野原侑子、中島可奈子、本村貴子、竹尾公秀、卜部奏、山澤龍治(大学院生)、藤村憲行、中俣智浩、細井雄仁、藤山綾子、多以良優子、近藤奈央子、高須峰代、江里口あい(4年生)、渡邊裕之、古賀健太郎、古賀恒光、宮川俊介、井前信哉、川原美穂子、久保寛子、伊東ともみ(3年生)、粢田拓也、川崎雄太、坂野綱則(2年生)、番匠谷研吾、山下輝樹(1年生)

 暑い中、参加していただきありがとうございました。