追憶

原爆前後 昭和19年4月-昭和20年8月9目-昭和22年3月
昭和22年卒 伊藤好古



 昭和19年4月から,22年3月までは,日本の敗戦をむかえて,国家存亡が問われた重大な時期であった。
 特に,20年8月9日,原爆により母校は壊滅し,教職員学生46名が校内で爆死あるいは,負傷後死亡し,長崎医科大学と共に,薬学100年の歴史の中で,最も悲惨な頁を綴ったのである。このことは,我々が終生忘れ得ぬことであると同時に,後世に伝えて永く平和の礎とすべきものである。
 昭和19年,入学した頃は,戦局はもはや不利となり,前線各地の玉砕の報などが伝えられ,一般の生活も,欠乏を増し,学校にもその影がしのび寄っていた。その頃,高等学校,専門学枝の3年生は,卒業を繰り上げて9月に卒業し,ほとんどの者が軍隊に入って行った。
 校内では,軍事教練の時間が増加し,激しさを加えた。学生は食糧難の空腹に耐えながら講義を聞き,実習に励んでいた。また,当時,中学生以下の者は「決戦非常措置要綱」により,軍需工場に動員されていたが,薬専の3年生は,山口県小野田の田辺工場,大分県中津の武田製薬工場に動員されていた。昭和20年5月には,2年生にも同様の動員命令があり,熊本県水俣の日本窒素の工場(当時,機密保持上,熊第七○四二工場と称されていた)に,配属を命ぜられていた。
 前に動員中の3年生は6月に動員解除され学校に復帰し,代わって2年生が水俣に出かけたのであるが,この交替が後日両学年の命運を分け,3年生の大部分は学校で爆死し,2年生は残留していた9名が死亡したのである。
 この厳しい時代にあっても,原爆前の学園生活は,苦しい中にも楽しいこともあり,1年生の時には動員卒業繰上げを予想して講義,実習は質量ともに増強されたが,朝から夜までの学校生活の中で昼休みの薬草園での語らいなど,友情を保つのには充分であった。
 講義,実習,軍事教練の他,空襲に備えて防空壕が掘られていた。さまざまな時間をさいて,学生達は作業に汗を流した。防空壕の場所は,薬専校舎正面の丘の裾であり,物理学の清木教授の設計指導で掘り始めた。物理学者の設計らしく爆風の入るのを避けるために,まず壕正面に狭く深い3m余りの排水路兼用の溝を作り,その溝の低部側面から丘の中心に向かって数本の壕が延びる形であり,全く難工事であった。 この特殊な形の防空壕は,後日原爆投下の折りに掘進作業中の教授1名,学生2名の生命を救ったのであり,その1名が清木教授であったことは,その設計が強烈な爆風と放射線を防いだものであり,実に不思議なめぐりあわせを感じる。その日,壕の前では,昼休み前の作業中の3年生の大部分が被爆し,その惨状は涙なくしては語り得ないものであった。
 旧長崎医科大学原爆犠牲者遺族会編の「原爆思い出の手記集忘れな草」には,「薬専学生遺族の手記」として,13名(荒木一夫,石田憲敬,岡本省三,小曽根邦弘,田中博,橋本慶治,村山直行,一番ケ瀬忠政,郡家淑郎,安本道男,吉田一馬,中川原哲夫,池田敏明)のご遺族の手記が載せられている。
 前述のように,3年生40名のなかでも,勤労動員と残留研究補助の2群に別れ,他の群の当時の状況は正確には判らないことが多い。例えば,水俣に動員中,残留した同級生(爆死)から便りが来て留守中の学校の様子を知らせてきていたが,その手紙類も寮が空襲により爆撃を受け,総ての物が失われてしまった。残留者の中で,大学病院下の下宿で被爆し,奇跡的に生存した唯一人の話を聞く機会があり,次の様なことが,学校内で起こっていた。
 『水俣に動員された仲問が,工場で連日激しい空襲を受けながら軍需産業に従事していた頃,長崎の母校の分析教室に陸軍の憲兵が数個のチョコレートを持ってきた。それは,当時米空軍が長崎地方に撤布した謀略用のチョコレートである。軍はその中の毒物を検出することを指示した。そこで友人達は,乏しい研究資材を使って分析し,検体に毒物(特に砒素化合物)の存在しないことを報告した。しかし憲兵は「福岡地方に投下されたものは,九大の分析の結果,毒物を検出した。長崎の分析の結果は大丈夫か」と疑うのである。同級生の1人は,それを聞いた瞬間,残りのチョコレートを口へほうり込んだ。グッとのみ込む彼を見て,憲兵は去って行った。その数週間後,長崎に原子爆弾が投下され,母校は一瞬にして灰となり,残留要員の友人10名は九死に一生を得た1名の他,全員爆死したのである。
 先日,この生き残りの友を久しぶりに訪ね,彼の新築の家で「あの時のチョコレートの味は……」などと,一夜を語り明かしたのである。』伊丹陽一郎氏の話 薬事新報(1976年)過酷な青春・伊藤好古記より
 7月もなかば過ぎると,戦況も日ましに悪化し,工場も連日の爆撃で各所に被害続出し,生産もほとんど停止状態になり,学生は復旧作業に努力していた。その頃,毎日生活していた寮も,爆弾の直撃を受けて倒壊し,付近の防空壕にいた学生2名が負傷した。その日,工場で作業中,空襲があり,全員工場の裏山に掘られた巨大な壕に避難し,警報解除で外に出ると工場各所は破壊炎上し寮も破壊されたと聞いた。病気で作業を休んだ2名のことが気になり,皆で駆けつけてみると建物は完全に倒れ,その前にあった防空壕……これは直径1m,長さ1.5mのコンクリート管を3本並べて土にうめたものであった……の場所には半径5mほどのスリバチ状のクレーターが出来て,その縁にコンクリート管の残有亥が残っそいた。2名は多分これに入っていたはずだと,残念ながら彼らの死を悼み皆で黙薦をしていた。その時,海岸の方から,頭から血を流した1人に肩をかして,2人がヨロヨロと歩いてきた。悲しみは喜びにかわり,工場の病院で治療を受け,タンカに乗せ工場のトラックで峠を越えて湯の児温泉の旅館に入った。
 その前,9日には朝から艦載機の来襲で機銃掃射を受け,近くの山の森に逃げ込んでいた。その時,長崎の方向の空に,ポッカリと桃色の雲の丸いかたまりが気球のように浮かびあがった。空襲が終わり,'町に下ると何処からともなく,長崎に新型爆弾が落とされ被害があったと聞いた。しかし,戦時下の情報管制下のことで,それ以上は何もわからずにいた。
 『8月2日から4日まで,休暇をもらって,満員の列車に乗りついで,長崎に帰った。友人のIは早速私を訪ねてきて,苦労話がはずんでいた。その時,空襲警報が出て,長崎が珍しく攻撃を受けた。私はIと2人で風頭山に駆け登り・道ばたに伏せて長崎港の上空を敵機が突っ込むのを見ていた。私には日常の出来事であったが,彼は余り経験がないことだと驚いていた。

これから,数日の後,彼は浦上原頭に原爆が炸裂し,若い生命を散らしたのである。
水俣の工場に帰った後,連日連夜の空襲で工場は大半の機能を停止し,我々学生の寮も直撃弾を受けて倒壊し,2名の学生が負傷した。水俣の町外れにある湯の児温泉の旅館に暇退避して数日後,ラジオ放送で終戦を知った。
 その夕刻,工場側の配慮によって,一隻の機帆船を借り,学生30人が乗船して,長崎に向け天草灘を北上した。途中,暗夜の海を迷走して16日未明に三角港にたどり着いた。北九州方面に家のある者は,小舟で三角に上陸し,互いに手を振りながら別れあった。その中には熊本の空襲で母を失った者もいた。
 船が島原半島方向に行くうちに,陸岸が見え,遠浅の海を徒歩して上陸したのが,北高湯江の海岸であった。村の駅にたどり着くと,そこには被爆者が群がり,その傷の異臭が立ちこめ,大変悲惨な雰囲気で,家族の安否を考え暗濾たるものがあった。列車に乗り込み途中,諌早駅で父の友人から家族の無事を聞き,一応の安堵感と共に,帰心矢のごときものがあった。列車が長与,道ノ尾と長崎に近づくと,周囲の緑は徐々に褐色に変わり,異様な光景となった。列車は道ノ尾付近で停車し,数時間後,長崎まで乗り入れるとのことで出発徐行しはじめた。行くほどに焼野ケ原となり,浦上地区に入ると遠く稲佐山,金比羅山,城山方面まで,灰褐色の瓦礫の原野であった。大橋の手前から最徐行して進んだ。大橋の電車終点の線路には,黒こげの死体が横たわり,全くの死の町の中を列車はゆっくりと通り過ぎて行った。
 長崎駅付近で停車、乗客は皆降り立った。学生は整列し,引率者秋山助教授の解散命令により,各自帰宅することになった。駅前広場らしいところに立つと,旧長崎駅の上品な建物は面影もなく,真昼の長崎の街は死に絶えたぬけがらの町であった。蛍茶屋方面に自宅のある者が,数名一団となって家路についた。途中,駅前の大黒町付近と思われる焼け跡の焼け残りの塀のそばで,一人の老婆が地面に坐り込んで何やらつぶやいていた。笑ったり,泣いたり,もはや狂気の世界に行ってしまった年寄りに,何もいえず立ち去るより他はなかった。
 壮麗だった中町教会の無惨な姿を横に見ながら,諏訪神杜前まで来ると,向こうから頭をボロ布で巻き,顔面血に染めた人がかけ寄って同級生のYの手を握って「ツトム!みんな死んだぞ!」と叫んだ。彼の兄の医大生だった。友の両親,妹の死を街頭で聞き,いたたまれず,皆はYをそのままに置いて,またトボトボと歩き出した。
 その時,私は急に友人のIのことが気になってきた。傍らにいたTに「Iの家に行こう」と言った。途中,Tが実家に寄ってくるのを待って,蛍茶屋の坂をIの家へ走った。玄関で「I!」と叫ぶと,奥から彼の父上が走り出て「伊藤さん,おそかった!」と,数分前に絶命したことを告げられた。ドヤドヤと奥の部屋へ走った。布団の上に,目を見開き,口を開けたIが横たわっていた。「貴様だけ,何故!」と私は彼をなじった。その裾の方では,彼の祖母が小さな背を丸めて,白い布を無中で縫っていた。多分,彼の帷子であったろう。
 過日,私に続いて動員を志願し,却下された彼は,その日,帰宅してその無念を父母に語って涙したと,彼の母上が話してくれたことがあった。
 以来,私は毎年2回は彼の家へ行く急坂を登る。あれから40年になり,あの日かけ登った坂を息切れに休みながら,登る。あの時20才の青年も,もはや60才である。数年前のある日,老父は私をデパートに誘った。戦没学徒に対して初めて年金が下付された時に。「死んだ一人息子の初月給」といって,老父は50過ぎた私に背広を作ってくれた。息子の死以来,酒量の増えていたその親父も,昨秋,肺ガンで83才の生涯を閉じ,息子のもとへ逝った。』
 長崎県病薬会誌(昭和61年) さか道 伊藤好古記より

 長崎に帰り,先づ友の死にあい,その後帰宅して,翌日からは,毎日学校に残った同級生の消息を訪ねて歩き回った。その家族もほとんど戦災に遭い,その住所に住む人もなく,なかには一家全滅の悲運にあった人もいた。
 ある友の伯父さんを訪ねあてて,その最後の有様を聞き,矢上まで歩いて畠の隅の土饅頭に埋められたのを見て涙した。彼らの生死と遺族の住所を全部調べ終わったのはそれから随分あとのことである。
 その問,学校の焼け跡には,亡き肉親をさがし,その最後の地を見るために医大,医専,看護学校,薬専の学生の家族が沢山みえられ,立ち話にそのお話を聞くたびに,人生の無常を想い続けた。
 9月末まで,焼け跡通いが続くうちに,学校が佐賀市の仮校舎で再開されることになり,10月15日,佐賀市上多布施町の旧日東航機青年学校跡に集合した。原爆生き残りの教授を中心に復員してきた人たちにより,教官,事務職等が構成され,実習設備もなく,教室3,講堂,事務棟,寮2棟,食堂で不自由な生活が始められた。
 敗戦前からの食糧難はますます悪化し,それに加えて猛烈なインフレに見舞われ,その生活はまったくドン底の状況であり,学業も寮の食糧の状態によって休暇となったりした。学生は付近の草地で食べられそうな草々を集め,蛙,蛇等も捕えて寮の炊事場で食用にした。当時の佐賀新聞の一隅に,角帽をかぶって蛇を追う絵入りで記事にされたこともあった。佐賀地元の先輩,県知事等の原爆被災の学生に対する温情は,今でも忘れ難いものである。
 そのうち,軍関係学校退学者,京城薬専より転入者,復員軍人等の編入が行われて学生数も増えていった。薬専の佐賀設置の運動が佐賀県,同窓生等から起こり,佐賀出身の教官等の意向もあり,その方向に動いたような気配があった時,長崎復帰の意見も次第に高まり,在長崎の同窓生の動きも始まった。
 学生の大部分も,長崎復帰に動き,自主的に長崎県内各地に適地を模索し,川棚,大村,諌早小野島等に学生代表がでかけ,特に小野島の場合,同様な計画を有した長崎青年師範学校に出向いて,その学生代表と交渉もした。学校側の動きは,当時の学生が知るところではないが,当時の薬学専門部長は辞任された。
 昭和21年秋には,小野島仮校舎確保のため,3名の学生が小野島飛行場跡の旧進駐軍施設に先発移住し,22年1月,長崎薬専はついに,長崎の地によみがえったのである。そして,3月,私たち学生白らが作り書いた「長崎医科大学附属薬学専門部」の門標をあとにして,学園を去った。